ホーム > 陶芸通信講座一覧 > 装飾・テクニック講座 第2篇

装飾・テクニック講座 第2篇

  『装飾・テクニック講座 第2篇』では、色土や化粧泥を用いた伝統的装飾技法の代表的なものを取り上げ、それぞれの極意や現代的表現への応用を指導します。
 白化粧泥を用いた技法では、人気の高い粉引、刷毛模様など伝統的なものから、デザイン性の高い掻き落し技法まで。さらに線象嵌、面象嵌。色土を複雑に組み合わせ、ストライプや市松模様を作り上げる練込まで、工芸技術を極めていきます。
 「創作はオリジナリティーを表すことが最も大切である」という岡本立世先生の陶芸に対するコンセプトの下、個性的な表現力を身につけ、魅力的な作品づくりを学びます。
『装飾・テクニック講座 第2篇』は全6回となります
テキストと指導に伴う材料と道具をセットにして毎月1回ご自宅にお届け致します。
終了時に6課程の全作品の写真を送付されますと、岡本総長の認定を受け修了証書が発行されます。


課題作品 ・刷毛目
・刷毛文様
・粉引
・流し
・点描
化粧泥の濃度・素地の乾燥状態等化粧泥を用いた技法で最も陥り易い失敗の原因となる要素を始めとし、伝統技法の数々を学ぶ。
セット内容 稲穂刷毛・平刷毛45m/m・白化粧泥500g・特赤2kg セット内容
         
 


課題作品 ・掻落(陽、陰)
・マスキング
化粧泥を用いた技法の中で最も人気が高く、現代的表現なども幅広く取り入れることができる誰もが楽しめる技法を学ぶ。
セット内容 丸Zカンナ・ワイヤーツール・グレー粘土2kg セット内容
         
 


課題作品 ・線象嵌
・面象嵌
・縄目
・印花象嵌
象嵌は精度の高い技術が要求される技法であるが、的確な作業により繊細で明確な文様表現ができるもの、その極意を学ぶ。
セット内容 ニードル(両刃)・片切カンナ・ダミ筆・茶化粧泥200g・信楽2kg セット内容
      
 


課題作品 ・ストライプ
・市松
練込は高度で正確な手順やノウハウをもって臨まなければ失敗の多い技法といえる。そこで応用範囲の広い手法を用い勘所を学ぶ。
セット内容 切糸6本・信楽2kg・ブルー粘土2kg セット内容
      
 


課題作品 ・マーブル(木理)
・ウズラ
練込技法の中でも伝統的文様として知られている、うずら手や木理文といった憧れの技を学び、伝統工芸の真髄を極めることで、陶芸の計り知れない表現の可能性に迫る。
セット内容 竹刃・イエロー粘土2kg・グリーン粘土2kg セット内容
      
 


課題作品 ・ウズラ
・墨流
・吹小波
・イッチン
・指描
・転写
化粧泥を用いた技法の中で、西欧での人気が高い、スリップウェア(2色以上の色泥を組み合わせた技法)を中心とし、現代的表現の数々を学ぶ。
セット内容 白化粧泥500g・黒化粧泥500g・信楽2kg セット内容
      
 



継続 装飾・テクニック講座 第2篇 月謝7,000円 6ケ月42,000円
装飾・テクニック講座 第2篇個人指導 月謝10,000円 6ヶ月60,000円
新規 装飾・テクニック講座 第2篇 月謝8,000円 6ケ月48,000円
装飾・テクニック講座 第2篇個人指導 月謝11,000円 6ケ月66,000円
※入学金無料
※現在他の講座を受講中、若しくは、修了後6ヶ月以内の場合は継続扱いとなり、
新規でご受講いただくより毎月の月謝が1,000円割引になります。
※個人指導には毎月2枚の添削指導用紙をセットし、制作上の疑問・質問にお答え致します。
※受講期間は6ヶ月間で、6回に分けて毎月教材をお届け致します。
詳しい資料・申込書のご請求は、こちらよりお申込みください。